黄色にきびのケア方法

黄色にきびは、周りの組織の破壊がかなり進んでいる状態で、ここまで進行すると治ったあともにきび跡になり残ってしまいます。黄色にきびのケア方法で大事なことは、にきびを決して潰さないことです。患部が大きく突起する黄色にきびは膿が溜まった状態なので、潰してしまう人も多いのですが、これは間違ったケアになります。故意に潰すと周りの皮膚組織を破損することになるので、治るまでに余計に時間がかかることになります。

黄色にきびは絶対に潰さないようにし、自然に膿が出るのを待つのが正しいケアになります。沈静化するのを待つのが我慢できないようなら、皮膚科の治療を受けるとよいでしょう。患部をすばやく沈静化させるには、膿を抑える外用薬や抗生物質がよく効きます。皮膚科に行けば、専用の器具を使い、膿だけを取り除く治療をしてくれるので安心できます。

普段使っているにきび治療薬は、黄色にきびに対しては逆効果になることもあるので、必ず専門医に相談しましょう。黄色にきびは治った後のケアが重要なので、洗顔と保湿を念入りに して、ビタミンCとビタミンEをしっかり補給しましょう。

ニキビ跡化粧水ランキング